• ホーム
  • 妊娠中のバルトレックスの使用には、十分な注意が必要だと言われています

妊娠中のバルトレックスの使用には、十分な注意が必要だと言われています

男性を診ている男性

ヘルペスを再発しやすい人は、妊娠中に免疫力が落ちたりストレスを受けやすく再発しやすい環境を作ってしまう傾向にあります。ヘルペス治療薬でもあるバルトレックスは、妊娠中に服用してはいけないとされているため、注意が必要です。妊娠中に服用したバルトレックスによる影響は、妊娠初期や胎児発育期・周産期によって大きく異なります。妊娠初期で用いた薬による影響で気になることは、形態異常です。この期間に胎児の器官が作られますが、そこに影響する薬です。器官形成が妨害されるため、稀に形態異常が起こることもあるので注意が必要になります。

バルトレックスが最も胎児へ影響を与えやすいのは、妊娠4ヶ月までで、さらに2?3ヶ月までは胎児の重要な器官が作られる時期です。子宮へ着床する前後の周期である排卵後2週間は、抵抗力があるため外からの影響を受けないとされます。しかし何かの障害が起こる可能性があり、障害が大きいほど受精卵や胎芽への影響が大きくなり、流産につながることもあります。胎芽は妊娠1ヶ月未満で20日ほどと言われており、まだ卵の状態ですがバルトレックスの服用には注意が必要です。また、器官形成期である胎芽が薬の影響を受けた場合は、その時期によって形態異常を起こす器官が違ってきます。

最後の月経から14週間目が特に問題視され、心臓は3?6週間・神経系は2?4週間・四肢は4?7週間目に作られるとされています。この期間にバルトレックスを服用する場合、特に注意する必要があります。特に受精卵ができてから7週までは、特に大きな形態異常が起こりやすく8?16週頃には期間成長が継続されます。生理機能の作用により成長段階にあるため、比較的小さな異常が起こり14習慣を過ぎた後や、期間の機能障害の場合は形態異常については特に心配する必要はありません。しかし多くの場合妊娠に気がつくのは生理が止まり、少し時間が経っているので妊娠がわかった時には妊娠3ヶ月になっていることも少なくありません。

この期間にバルトレックスを用いると、稀に形態異常が起こることもあるので注意が必要です。妊娠を希望している人は特にヘルペスになってしまった場合は、医師に相談をし妊娠しているかもしれない旨も伝えます。器官形成期を過ぎている胎児は、特に薬効成分は母体から胎盤を通して通過し大きな影響を与えることがあります。薬は胎児の臓器で解毒され排出される場合もありますが、それができない場合は再び胎盤を通り母体に戻るとされています。