• ホーム
  • ヘルペスの予防方法は、専門医を受診して症状を伝えることが一番です

ヘルペスの予防方法は、専門医を受診して症状を伝えることが一番です

黄色の錠剤と瓶

ヘルペスウイルスは一度感染するだけで、症状が治ったとしても体内に住み続けるのが特徴になります。人へ感染するヘルペスウイルスは基本的に8種類ありますが、一度感染すると神経節へ潜伏し、疲れやストレスが溜まった時に再発します。口唇ヘルペスは唇の周りに水ぶくれを発症さるタイプや、性器へ水ぶくれを発症させる性器ヘルペスもあります。これは主に性器や臀部をはじめとした下半身へ発症し、再発するリスクは高く平均して男性は年に12回・女性は7回程度とされます。これらの再発するヘルペスの予防は、専門医を受診することにより、解決しやすくなります。

予防方法もありますが、感染力が特に強いウイルスであり、感染経路は2つあるとされています。水ぶくれの症状がすでにある人からうつる接触感染や、ウイルスがついたものを介した感染です。口唇ヘルペスは接触感染やものを介した感染が主で、頬ずりや食器・タオルでうつります。性器ヘルペスは接触感染が主で、性行為や稀にタオルなど日用品を介する感染もあります。免疫が下がっていると再発しやすいウイルスなので、普段からストレスや疲れを溜めないようにすることが再発を予防する秘訣です。ぜひ知っておきましょう。

あまり知られていないことなのですが、紫外線は免疫力を下げる原因となるので、日差しの強い日中に外出を避けたり日よけをするようにしましょう。人によってなぜ免疫力が下がるかという理由には違いがあるため、気になる人は専門医を受診し医師へ症状を伝えることが推奨されます。ヘルペスの症状を抑える治療は、抗ヘルペスウイルス薬を用い、ウイルスの増殖を抑える効果を期待します。また症状が発症する時期や症状によっては、飲み薬や塗り薬・点滴を使い分けることもあります。中心的に用いられるものは飲み薬ですが、体内にあるウイルスにも効果があるので、ウイルスの増殖が盛んになっている初期段階に用います。

塗り薬の場合は皮膚へ出ている症状に効果があり、治りかけているときや軽症の時に用いられることが多いです。症状を抑えるこれらの薬は専門医に処方してもらえるので、気になる症状があったり頻繁に再発する場合は受診することになります。予防方法は睡眠をしっかりととり、栄養バランスのとれた食事や生活リズムを整えることが大切です。点滴は発熱した場合や、痛み・ただれが激しい場合などに用いられることが多くなるので専門医を受診します。