• ホーム
  • コンジローマを放置しておくと、最悪の場合は死に至ることがあります

コンジローマを放置しておくと、最悪の場合は死に至ることがあります

尖圭コンジローマはウイルス性の感染症になり、性器へイボができることが特徴です。この疾患が潜伏期間に幅があり、3週間~8ヶ月もあるため、気がつきにくいこともありますし、誰から感染したかもわかりにくいことがあります。男性の場合は常に性器を確認しやすいですが、かゆみや痛みなどの性感染症に有り勝ちな症状がないですし、女性の場合は性器を見る機会が少ないので気がつかないケースが多いです。イボは素早く成長していきカリフラワーのような状態になり、男性の場合は真珠様陰茎小丘疹やフォアダイスと誤診しやすいです。成長が進めば他の場所へ転移していき、さらに広がっていくため早期治療をおこない、放置しないことが鉄則になります。

自己免疫力によって稀に回復することも見られますが、放置しておくと悪性化しがんになる可能性もあります。最悪の場合は命への危険性もあるので、早期発見早期治療を行うことが望ましいです。女性はこれらの問題以外にも子宮頸がんリスクも高まり、さらに不妊症になるので妊娠をこれから考えている人は治療をきちんと行う必要があります。尖圭コンジローマの原因は性行為ですが、時にはサウナや銭湯などの公共のお風呂でも感染するケースが見られます。銭湯には椅子がありますが、すぐに座るのではなくしっかりと洗い流してから利用するようにします。

イボの治療には塗り薬を塗布する方法と、外科手術を行う場合があり医師の診断によって分かれます。

塗り薬は1日1回、週3日の間隔で患部に塗りながら治療を行います。手術よりも治療する期間が長いのと、薬が切れた際は都度病院に行き、医師の診断の上薬をもらいます。その為、通販サイトで手軽に購入する方も多いです。通販サイトでは、コンジローマの治療薬としてべセルナクリームが人気で、ベセルナクリームでコンジローマを治す方法や効果も記載されていますので、調べてみるのが良いでしょう。

外科療法は手術による切除や、電気焼却・凍結療法などがあり、イボを手術で切除してから皮膚をレーザーで焼くことがあり再発を防ぐことができます。これは効果的ですが出血量も多いですし、痛みも強いというデメリットがあります。凍結療法はマイナス196度の液体窒素を綿棒へ含ませた状態で、イボへ直接つけ凍らせていきます。これでウイルスを死滅させることができますが、麻酔を使うことなく行うので体への負担を少なくします。

1度にたくさんの量は治療できないため、1週間に1回のペースで通院を続ける必要があります。電気焼却についてはイボの周辺へ局所麻酔を行うため、痛みを軽減することができる治療方法です。麻酔が効いたらイボを焼きますが、術後の傷跡が残りやすいことがデメリットになります。また外見ではわからないところにまだ潜んでおり、それが再発するケースが多いのが尖圭コンジローマなので根気よく治療を行う必要があります。手術をしても過信をせず、定期的にチェックをしながら再発・悪化を防ぐことが大切です。